PR ダイドードリンコ株式会社

かつては1g3000万円「夢の成分」青森県発、注目の健康美容成分あおもりPG「プロテオグリカン」

健康

化粧品やサプリメントなどで時折見かける「プロテオグリカン」という文字。

発見・命名されたのは1970年代まで遡り、当時から注目の成分であったが、抽出が難しく製造コストは1グラム当たり3千万円と高価、さらに有害な薬品を用いなければならないこともあり実用化は極めて難しい「夢の成分」であったことは皆さんご存知だろうか。

実はこの「夢の成分」が今やさまざまな商品の実用化に至った背景には、我らが日本が誇る研究と、日本の企業による共同研究が背景にあるのだ。

「夢の成分」注目の健康美容成分プロテオグリカン

プロテオグリカンは、プロテイン(たんぱく質)とグリカン(多糖)の複合語だ。中心となるたんぱく質に多数の糖鎖が結合した構造で、糖鎖と糖鎖の間に水分を保持する働きがある。
コラーゲンやヒアルロン酸とともに全ての動物の皮膚や軟骨に存在し、高い保水性と柔軟性をもつクッションのような役割を果たしているのだ。
また、構造解析やヒト細胞を使った実験で、「細胞のよみがえり因子」と称されるEGF(上皮細胞増殖因子)と似た作用があることや、抗炎症作用等様々な機能があることが判明している。

10年の研究…弘前大学が安全・低コストの抽出技術を開発

青森県内では、青森県産業技術センターが中心となって農林漁業資源から新たな有効成分を探す研究が行われており、1990年にプロテオグリカンがサケ鼻軟骨に高濃度で存在することが分かった。
しかしながら「どうやって加熱せずにプロテオグリカンを抽出するか…」という思案は続く。ヒントは鮭の頭部軟骨を酢に漬けて柔らかくして食べる郷土料理「氷頭なます」にあった。「酢で柔らかくなるということは、軟骨の土台であるプロテオグリカンが溶け出したからではないか…!」
この酢酸で抽出する可能性に気づいてから研究は飛躍的に進み、とうとう2000年、弘前大学が人体に安全な食用酢酸とアルコールだけを使い、低コストで大量かつ高純度のプロテオグリカンを抽出する技術を確立したのだ。

このような地道な研究を重ねて誕生したのが“あおもりPG”である。
現在も、弘前大学や青森県産業技術センターにおいて、新たな効能や産業での応用化等に関するの研究が進められている。

 

地域との共存共栄を、ダイドードリンコ株式会社と共同研究へ

※画像は2014/8/6共同記者会見より

自販機などで有名なダイドードリンコ株式会社では、自販機事業に次ぐ新たな社会への価値提供としてヘルスケア事業を設立。

弘前大学の研究を知り、日本におけるプロテオグリカンの研究成果は生活者の健康に役立てたいと考え、地域との共存共栄を基本理念とした共同研究に参画。

共同研究では主に「抗酸化・アンチエイジング」、「免疫調節作用(抗アレルギー)」、「抗肥満作用」の3つのテーマを掲げ、PGの魅力を生活者に届けるべく商品開発を行っている。

あおもりPG「プロテオグリカン」を配合した『ロコモプロ』

このあおもりPG「プロテオグリカン」を配合してダイドードリンコ株式会社が開発したのが『ロコモプロ』だ。

このサプリの魅力はあおもりPG「プロテオグリカン」をはじめ、軟骨構成成分のヒアルロン酸とⅡ型コラーゲンまで含んでいるところ。つまり、一つで主要な軟骨構成成分をまとめて摂ることができる。

50代・60代・70代が抱えるつらくなる歩みに対して、あおもりPG「プロテオグリカン」をはじめとする成分と、筋肉成分「イミダゾールジペプチド」を配合することで健康な歩みをサポートしたい思いから生まれた商品である。

 

高額でなかなか手が届きにくいサプリメントを試したことがない方や、これまで実感ができなかった方に気軽に体験してもらえるよう、ダイドードリンコ株式会社では初めて購入の方限定でお試しタイプの販売を行っている。

※以下のリンクから商品詳細と購入が可能

青森県の研究技術と日本企業の挑戦に、今後も期待が高まる。